不動産担保ローンを利用してわかったこと

無事に審査に通過し低金利で毎月の返済額も小さい

3週間が経過した頃、金融機関の方から連絡があり、無事に審査に通ったとの事でした。
それを聞いた瞬間、今までの心配事は何だったのかと少し笑ってしまいました。
審査に必要なのは、収入証明書や住民票そして印鑑証明書等です。
さらに重要になるのは登記簿謄本と呼ばれるものです。
すでに不動産を所有している段階で登記をしているわけですが、この登記簿があればとりあえずその物件を自分が所有していることを証明することができます。
第三者の対抗要件としての登記になるため、もし見ず知らずの人がその土地は自分の土地だと言い出しても、登記簿を見せれば第三者にも勝つことができます。

借りた金額はそこまで多くなかったものの、返済できるか心配でした。
毎月の返済金額は50,000円ほどとなっており、金利もそこまで高かったわけではありません。
特に最近は、低金利時代と言われており、ほとんどあってないような金利になっています。
借りる側上負担が小さくなりますが、本当に銀行がそれでやっていけるのか心配になってしまいます。

不動産担保ローンは事業資金としても利用できる不動産担保ローンの審査は不動産の価値による無事に審査に通過し低金利で毎月の返済額も小さい