不動産担保ローンを利用してわかったこと

不動産担保ローンの審査は不動産の価値による

不動産担保ローンは事業資金としても利用できる不動産担保ローンの審査は不動産の価値による無事に審査に通過し低金利で毎月の返済額も小さい

しかしそれよりも、本当に審査に通るか気になって仕方ありませんでした。
審査に通るための条件として考えられるのは、主に不動産に価値があるかどうかです。
不動産に十分な価値があれば、審査に通る可能性は高くなるでしょう。
しかし、価値がなければ審査に落ちてしまいます。
例えば、20,000,000円のお金を借りる場合、その不動産の価値が20,000,000円程度ではまずお金を借りることはできません。
実際には、借りる金額の1.5倍以上の価値がなければなかなか返してくれないと言われています。
その理由に関して調べてみたところ、土地の値段が変動するからだそうです。
つまり、担保にした不動産の価値がその時は高かったとしても、時間の経過とともに落ちてしまう可能性があります。
そのため、借りる金額の1.5倍位の価値が必要とされています。
おそらく、自分が所有している不動産は、それなりに価値があるのではないかと考えられていたため、審査に落ちる事はないだろうとある意味確信していた部分もあります。
ただ、いくら確信していたとしても、最終的に結果を出すのは金融機関の方です。
不安で眠れない事はなかったものの、少しぼーっとしているときに審査に落ちたどうしようなどとネガティブなことを考えてしまうこともあったわけです。

不動産担保ローン不動産担保ローン比較